看護師

どのようなものなのか

病棟

肝臓がんは早期発見が困難ながんであり、肝臓から直接発生する確率より、他の臓器から転移してくる確率が高くなっています。ウィルス性肝炎由来の肝硬変を患っていると、より肝臓がんになるリスクが高まります。肝臓がんの発見には、血液検査が有効であり、検査を受ける人は多いです。

詳細を確認する

メンタル面を強化

悩み

社会との馴染み、生活支援のためのカウンセリングに従事する専門医が在籍する横浜クリニックが人気を集めています。また、保険適用できる治療も評判ですし、セカンドオピニオンなど、医師が積極的にサポートしてくれる内容が評価されています。

詳細を確認する

内分泌疾患

微笑

甲状腺の病気は、多くの場合薬で行なわれています。薬の調節がこの病気では特に大切です。甲状腺ホルモンの異常がコントロール出来ていない場合は、妊娠にも影響を与えることがあります。従って、こまめな血液検査や適切な服薬が必要です。

詳細を確認する

自律神経の乱れ

看護師

早寝早起きを心がける

頭痛や肩こり、めまい、不眠、胃腸障害など、慢性的な治りにくい症状があり、病院で検査しても異常が見つからない場合、自律神経失調症の可能性も少なくはありません。自律神経失調症になりやすい人は、神経質な性格、負けず嫌いや完璧主義、心配性の人が高いと考えられます。自律神経は、交感神経と副交感神経との2つに分かれ、昼の行動と夜の休息をコントロールする働きがあります。昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働きます。この自律神経の働きに合わせるのが、早寝早起きです。早寝早起きをすることで、自律神経失調症を防ぐことができ、さらに朝食をしっかりとれ、朝の運動も可能となります。早寝早起きは、自律神経を整え、身体の機能や免疫系の働きを本来あるべき姿に戻すというメリットがあります。

サプリメントを摂取する

自律神経失調症は、栄養不足や過度のストレスの積み重ねによって起こります。症状が深刻化すると情緒不安定になったり、まともな社会生活を送ることが困難にもなってしまいます。引きこもりなどの原因としても考えられ、一種の現代病とも言えます。治療法としては、薬物療法、カウンセリングなどの心理療法、指圧やマッサージなどの理学療法があります。また、自律神経失調症の症状を軽減するために、サプリメントを活用する人が増えてきています。薬ではないので根本的な完治は期待できませんが、自律神経失調症によって不安定になってしまったホルモンバランスを整えることが出来ます。また、精神薬とは違って副作用が少ないので誰でも服用することができるのも人気の理由です。